<< 目がー 作ってみた >>

情報求む




この歌聴いて、えらいべっくらこきました。
いや、radioheadのthere thereやないすか。
これ、私の好きなフランスのロック・バンドのNoir Desirってバンドのl’enfant roi(甘やかされた子供という意味)て曲なんですが。
最初聴いた時は、
「あー、Noir DesirがRadioheadぱくったんだな」
て思ったんだけど、この曲が発表されたの2001年で、こっちのが先。
Radioheadがこのバンド知ってて、こっちからぱくったとは思えないし、もしthere thereが何年も前から演奏されてて、ファンには周知の曲なのかもしれないけど、ネットで調べた限りだけど、Noir Desirがそんな未発表のRadioheadの曲知ってるくらいのファン、て情報はないし。
何か共通の元になった曲があるのでしょうか? 偶然でここまで似ることは絶対にないし。
フランス人の男の子に
「このバンド好きだよ」
て言ったら、
「この人たちはフランスではRadioheadみたいに有名だよ」
て言われて、その時Radioheadにそんな興味のなかった私は、「物凄く有名だよ」くらいにしか捉えてなかったけど、そう言われたのは何か音楽詳しい人には解るものがあったのかな?
ネットで経歴調べたら、この人たちもRadioheadと同じ年代だし、それに、まだ自分たちの音楽のスタイルが確立してない頃に一曲だけ、Aux sombres heros de l'amer(海に沈んだ苦渋の英雄たちに、という意味)という歌がヒットした、「一発屋」みたいな扱いを受けてたのが、素晴しいロックアルバムを出して、しっかりとしたロック・バンドとしての地位を確立した、てあって、そういうのもRadioheadと似てるみたい。この人たちも若い頃はUKオルタナに影響された直情径行な音楽やってたのが、年取ってからは、東欧とかの影響受けた、少し落ち着いた音楽やるようになってるし。
後、移民問題とか、そういう社会問題にもすごく活動してたみたいなのも関係してるかも。
ただ違うのは、ボーカルは人死なせて刑務所入ってた「前科持ち」という点ですが。
2年くらい前に出所して、また音楽活動しておるようです。







そして、これは本文とは直接関係ないのですが、書いておきたくて。
これはあからさまなリアムのぱくりですね。
この人はdamien saezというフランス人のミュージシャン。
最初、フランス滞在中にテレビで見た時は、↑で書いたNoir Desirに似た曲やってて、
「やだ、Noir Desirのぱくり?」
と思ってたけど、次にこのクリップ見たら、リアム・ギャラガーのパクリということが判明しました。



これがライブパフォーマンスなんだけど、立ち居振る舞いとかも、まんまリアム! 服も同じ。
ここまでそっくりだと、ギャグとしか思えないんだけど(笑)
しかもこの人、かなり人気あるみたいで、このライブやってるLe Zenithって会場はパリにある6000人収容の会場で、かなり人気のある人、Franz Ferdinand,Strokes,White Stripesくらいの人がやる。
客もすごい一緒に歌って盛り上がってるみたいだから、人気あるんだろうねー。
フランスってイギリスと近いから、その気になればイギリス行けるし、イギリスは勿論、色んな国のミュージシャンも頻繁にライブしてくれて、「本物」に触れる機会が日本より断然多いのに、こんなあからさまなのが受けてることにびっくりした。
音楽そんなに興味ない、ただ自分と同じ国の人間で同じ言葉喋ってくれる人がいい、て気持ちは、どこの国でも同じなのかもね。
[PR]
by volontaire | 2010-03-03 02:27 | くだらない垂れ流し
<< 目がー 作ってみた >>